×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

美容術


日本酒がお肌に良いことはよく知られていますが、どのように使えばより効果的かを書いてみます。

なるべく無添加の梅干を1個、30分程ぬるま湯につけ塩抜きをして、ハシ等で穴をあけ日本酒50cc程に一晩漬けます。これをガーゼ等でこして湯上りにたっぷりとすり込みます。お肌がスベスベしてきます。
冷え性の方に朗報!!ナイトキャップとして日本酒をいただくと、ストレスを取り去り、血圧を下げる効果があるといわれています。その上血行を良くして身体を芯から暖めるので、程よくたしなむ日本酒はお肌にとってもうれしい飲み物といえます。ただし、塩分の多いおつまみは大敵です。おいしく日本酒をいただくためにも、うす味を心掛けてください。
いい湯加減のお風呂の中に日本酒を適当に入れ、ゆっくりとつかりますと、老廃物が外に出て疲れが取れ、お肌がスベスベになります。しわも伸び体も引き締まります。風呂上りに日本酒を体中にたっぷりとパッティング、コットンに日本酒をしみ込ませ、顔を叩きます。乾いたらぬりの要領でくり返し叩きますと、ツルツルしたお肌になります。においが気になる方は、さっとシャワーでひと流しすると気になりません。

上手に日本酒を使って、身も心も美しくなって下さい。
適量の日本酒は女性の味方です。ぜひお試しになってみませんか?



閉じる



copyright (c) 2008 中村商店 All Right Reserved.